私を登山に連れてって

アクセスカウンタ

zoom RSS 断想 −夏、大峰 ・ 僕たちは弥山川を遡行る−

<<   作成日時 : 2011/08/01 22:32   >>

トラックバック 0 / コメント 20





     −夏休みの宿題:夏の大峰林間学校感想文− 
 
     梅雨が明け、突然夏が始まると、楽しみにしていた海の日の大峰林間学校です
     今年は、弥山川を遡行する、双門の滝ルートと呼ばれる厳しいところを歩きました
     参加者は、男子は僕とおやじ君、女子はルネさんの三人です
     双門の滝を見て、狼平で泊まって、二日目は弥山、八経ヶ岳、日裏山を周回する予定
     でしたが、何度も続く梯子が終わり、滝見テラスに着く頃、僕の荷物が重すぎて
     (18キロでした)何度かダウンしてしまい、ずいぶんと遅れてしまいました、それでも
     おやじ君、ルネさんはイヤな顔もせず荷物を分けてくれて、三人で助け合いながら
     河原小屋まで歩き、ここで泊まろうか?ここでいいよねー?と話し合って決めました。
  
     河原小屋では初めて泊まりましたが、思っていたよりも清潔で、快適でした
     僕が担いで登った材料で作った山ごはんは、二人とも美味しいと言ってくれたので
     重くても担いで来て良かったな、と思いました
     河原は7時くらいまで明るくて、三人でずっと笑いながらお話をしていました
     夜、目が覚めて独り外へ出ると、大きな大きなお月様でした、お月様に誘われるように
     そのまま河原に下りました、流れる沢でお月さまが揺れています、手で掬うことが
     出きるかなぁ?と、お月様が浮かぶ水に手をつけると、冷たくて大声が出ました。
 
     二日目は4時起床、5時出発の予定でしたが、20分遅れました
     昨日のザンギ平からの高巻きのような厳しいルートは無く、右岸左岸を行ったり来たり
     とても楽しいルートでした、おやじ君が楽しみにしていた鉄杭やオーバーハングの梯子は
     三人で騒いで登れば、まるで遊園地みたいでした、そこを越えるといよいよ狼平です
     大学生の頃以来だと、狼平へ来ることを楽しみにしていたルネさんのために、吊橋を渡る
     のは日裏山を周回して戻るときの楽しみにして、川伝いに小屋まで歩きました
     テントがいっぱい張られた狼平は夕べは、たくさんの人で溢れてたそうで
     河原小屋で良かったねー、と笑いました。


     
     今回のリーダーだった僕は、もう安心しきって、カラダもココロもぐにゃぐにゃです
     何故なら、もう一般ルートを歩くだけです、何のキケンもありません、だからです
     階段を弥山に向かって進むと、下から沸いて来るガスが八経ヶ岳を隠したり、木漏れ日が
     苔の森を輝かせたり、川沿いの厳しいルートと違って、いろんなモノがキラキラしています
     弥山神社では、サイフを忘れたおやじ君のぶんまでお賽銭をあげて、三人で無事に歩けた
     お礼をしました(おやじ君は何故か山ではいつもサイフを忘れます)
 
     弥山辻までは、まだまだ残ってたオオヤマレンゲや、他にもいろんな小さなお花が
     僕たちを迎えてくれました、今日下山する尾根を見てると、頂仙岳がすごく
     尖って見えます、青空と夏雲の下をてくてく歩いてると、日裏山から七面の頭が見えました
     狼平へ戻るとき、何十年ぶりか(本当の数字は教えてくれません)に吊橋を渡る
     ルネさんの感動の一瞬、その後姿は、いつものルネさんと違って、少し寂しそうにも
     見えました、それはきっと、楽しい林間学校がもう終わるから
     そのせいだろう、と僕は思いました。
 
     狼平でご飯を食べたら、もうゆっくり歩いて帰るだけです、頂仙岳を巻くと
     カナビキ尾根の分岐では大きなブナ林の下が風の通り道みたいで涼しくて
     三人で並んで座って休憩しました、すると霧雨が落ち始めました
     これくらいの雨なら気持ちいいねー、と雨好きなみんなは喜んでいました




     1518Pを登り返すと林道はすぐそこです、林間学校も終わりです、夏の魔法もとけてしまい
     また、みんなオトナに戻るのかと思うと、なんだか悲しくなりました
     でも、家に帰ってからもずっと、弥山川のせせらぎ、ルネさんの大きなクマ鈴が谷に響き渡る音
     下山の間、ずっと浴びていた、ひぐらしの蝉しぐれ、そんな弥山の音たちが
     頭の中をぐるぐる回っていて、まるでまだ林間学校が続いてるような気がしています
     楽しかった林間学校は、この夏一番の想い出となることでしょう 
     僕が転校することになっても、来年も、その次の年も、大峰林間学校に行けたらな
     と、心から思いました。
 
     おわり

     追記
     ルネさん、キャンプファイヤー、企画倒れでごめんね、秋の例のプランでは期待してね♪
     おやじ君、タイガースのTシャツ、今度の登校日に返すね(あ、ちゃんと洗ってるから)
     Youtube、遅かったらこっちの、低画質の方観てねー! http://youtu.be/VvUMK_R8vEM
 
 

★Kiss Me!!★
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
夏の林間学校感想文の感想。

言葉も映像も音楽も、、、名残惜しいほどの楽しかった思い出のおすそ分けをありがとう!!!
余韻が残ってるあとでなんなんですが、ビール乾杯のシーンでプラコップについてる紙は何ですか?レシート?
かもしか
2011/08/01 23:04
暑中お見舞いもうしあげます
まいにち暑い日がつづきますがスー先輩おげんきですか
先輩の得意な美術と音楽と日記の宿題はおわったようですね
数学は進んでますか
わたしはまだ何もやってません
うちの学校の林間はさ来週です
おやつも着替えも小さリュックに入るだけしか持っていっちゃいけませんていわれました
なのでポケットにいっぱいおやつを入れていこうとおもいます
バナナは入れません
あれはおやつではないのです
Chika
2011/08/01 23:28
一日目のペースが遅いって?
んじゃなくって開校時刻が遅かったみたいですね!
熊渡でスー号を探しましたが、見かけませんでしたから・・・
いや今回はスクールバスで?
オオヤマレンゲの三連休、沢山の方々がいらしたようで河原小屋で泊まれたことが何よりラッキー!
18kg.を背負って弥山川とは何かの訓練、あっそうでした林間学校でしたね!
って、こんな訓練するの普通の学校じゃないでしょ?
狼平からの登り、やっぱり綺麗です☆☆☆
“すぎちゃん”
URL
2011/08/02 00:22
> 楽しかった林間学校は、この夏一番の想い出となることでしょう 
まだまだ幼すぎの私には、入校できませんね。どこかへ入園して鍛えます。
この魔法はとけないでって、いつも思いますハイ!
良い感想文でした100点満点!
たかっさん
2011/08/02 07:51
河原小屋での夕べの情景も、なかなかオツでありまつ。
弥山川のほろ酔い写真はステキ。
臆崖道
2011/08/02 07:55
いやぁー、素晴らしい夏の林間学校ですね。
美しい淵、滝、テント場の肉、ビール、・・・
近畿の屋根からの大展望と、まるでそこにいたかのように
楽しませていただきました。
山めし礼讃
URL
2011/08/02 08:03
これ、これ、林間学校で飲酒、先生にばれたら
廊下で正座か、バケツ持ちの立たされ坊主やで。
えっ、何?オトナの林間学校?
そりゃ、首から下はそやけんど、
子供の笑顔ですやん。
最高ですやん。
のんT
2011/08/02 18:12
私も、まだあの時の興奮覚めやらずってとこです
ブログに写真を並べただけで、手つかず状態
あの時の夏の雲、ざらついた鉄梯子の感触、冷たい鎖、そしてメンバーの笑顔、何もかもが懐かしいです

秋の企画も楽しみですやん♪

oyaji
URL
2011/08/02 20:12
>かもしかさん

そうそう、あのカップに貼り付いてるのは、出かけるときに
『お父ちゃん、おつかい行って〜タマゴ79円やねん
一人一個やし、二回並んでやぁ』、てタマゴを買ったときのレシート
って、何でやね〜んんんw( ̄ー ̄)
あれはね、セブンイレブンのスティックサラダ、その空カップで
賞味期限とか書いてあるシールですよ
このサラダね、ドレッシングが激ウマでお勧めです
ちなみに、この日は、同級生?二人が全部食て
私は、空のカップで乾杯だけ(´・ω・`)
スロトレ
2011/08/02 23:01
>Chikaねーさん

日記と自由課題(フォト・ムービー)は終わったけどね〜、あとは全然。
仕事は超理系なのに、根っからの文系少年でして、算数はカンニングかなぁ。
Chikaねーさんちの林間ガッコって、アレでしょ?怖いオジさんとか
おっさんみたいな、オバさんとかが(誰やねん)、ロープとかヌンチャクとか
へんな道具で責められるガッコでしょ?えーっと、虎の穴学園でしたっけ?
行きたくないよー、怖いよー、帰って来れないよー
って、知らない人が読んだらどー思うやらんw( ̄ー ̄)
日記楽しみにしてますね♪
スロトレ
2011/08/02 23:02
>すぎちゃん

>んじゃなくって開校時刻が遅かったみたいですね!

すぎちゃん?すぎちゃんちみたいに夜間学校じゃないし
朝練とかもありませんからw( ̄ー ̄)
僕らは安全に明るい時間しか歩けないお子様ばかりなもので〜
ってか熊渡で私の車探したって?そんな深夜に?まるで車上荒らしw
職質に注意してくださいね、っていないか。
狼からの登りは最高でした、はい。も少し時間が早ければね〜。
スロトレ
2011/08/02 23:02
>たかっさん

よし!
じゃアレだ、たかっさんちは、天川村立鉄山保育園に編入だ
って、字ヅラがかわゆくない保育園だなぁw
その後は、天川村立熊渡小学校ね、でもって卒業したら天川・・・
あ、もういい?w( ̄ー ̄)

>良い感想文でした100点満点!

わぁーい、わぁーい、100点だぁー、やったーっ♪
そろそろ、このモード、自分で気持ち悪くなって来たし(´・ω・`)
スロトレ
2011/08/02 23:03
>臆崖道さん

ありがとうございます
河原小屋ね、意外とキレイですよ、んとに。狼より部屋面積は広いかも?
あ、お仲間の皆さん?こんなカンジだったので会えなかったみたいです。
スロトレ
2011/08/02 23:04
>山めし礼賛さん

>まるでそこにいたかのように楽しませていただきました。

ありがとうございます
私にとって一番嬉しいお言葉でつw( ̄ー ̄)
やはり、げんさん、お肉に目が行きましたね〜
かっつん、かっつんに凍らせて担いで行きました
いいカンジな溶け方でしたよ♪
スロトレ
2011/08/02 23:05
>のんさま

あちゃーっ、誰かには突っ込まれるかと思ってましたが〜
のん先生に見つかりましたかw( ̄ー ̄)
ま、そこは、ね。私のザックには数リットルのビアと
少しのワインと、ちょっぴりのウイスキーが入ってたことは
他の先生にナイショってことで、ひとつよろしくw( ̄ー ̄)

>最高ですやん。

ありがとう♪
スロトレ
2011/08/02 23:06
>おやじ君

>あの時の夏の雲、ざらついた鉄梯子の感触、冷たい鎖、そしてメンバーの笑顔

そうそうそう、そう!
何だかんだ言ってね、僕は思うのです
やーっぱ、あの青空でしょ、夏雲でしょ、あの乾いた風の香りでしょ
あれが僕たちを少年に還らせたと、そう思ってます
秋、ね!
ぜーったい行きましょう、例え転校してても行きましょう♪
スロトレ
2011/08/02 23:10
そんなそんな深夜なんて夜間学校の授業で山の中ですから!
16日、明るくなって夜間学校も終わって明るくなって下校途中に熊渡で探したんですが・・・
夏の夜中の山の中、涼し過ぎ!病み付きになりそうな自分が怖いです。
“すぎちゃん”
URL
2011/08/02 23:50
>すぎちゃん

げっ!げっ下校途中でしたか!
それはそれは失礼しました
ってか、やっぱ夜間ガッコじゃないすか〜
病みつき?うーんんん
夜はちょっと、怖いかなぁw( ̄ー ̄)
スロトレ
2011/08/04 23:45

倉谷と申します。

スロトレさんの簡潔な文体を拝見して、一週間ほど前に「今回のレポはスロトレさんから・・・」とルネさんからメールをいただいたいたのが、納得できるようになりました。

良く書けました!!(花マル二重マルです)

私は一昨日に大日小屋へ行ってました。「もうこれで山歩きはできんな!!」と思うほど、”今は”落ち込んでいるのです。

しかし、小屋から剣の早月尾根越しに見えたカッコいい尾根があるんです。
「”小窓の尾根”の”マッチ箱”」と言うんだそうです。
早月尾根から剱岳〜剣御前小屋泊まりで、ちょうど大日小屋でお会いした70歳の男性からは「あのルートは立入り禁止です!」と言っておられました。
けれど、後世のためにもそんなルートを開発する一助になりたいとも、夢見ています。



倉谷
URL
2011/08/06 20:41
>倉谷さん

ども、ごぶさたしております
この日も倉谷さんの八剣谷日帰り山行の話題で何度も
盛り上がってましたよw( ̄ー ̄)
花マル頂けました?ありがとうございます
大日で何を落ち込んだのか分かりませんが〜
小窓尾根って、北方稜線ですよね、そんなところに
想いを馳せるパワーがあれば!
最近、倉谷さんのサイトが閲覧できなくて心配しておりましたが
お元気なようす、サイトも復活に安心しました
コメントありがとうございます
スロトレ
2011/08/08 22:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
断想 −夏、大峰 ・ 僕たちは弥山川を遡行る− 私を登山に連れてって/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる