室生山系 -額井岳・山の古寺を訪問-

山行きの日 2007年11月17日(土)
山       額井岳から戒場山
コース    登山口(9:40)-額井岳山頂(10:35~13:25)-戒場山(14:25)-戒長寺(14:55~15:25)--十八神社(16:12)

最近雨天中止が続く我らが山友(おやじさん)の今回の企画は、奈良の里山で鍋パーティだ!今日の目的地である額井岳は大和富士とも呼ばれる室生火山群の一つである、何て知識は、まったく無駄な、本当に(ただ単に山で鍋を喰らう会)と化してしまったのだが・・・
登山口である十八神社に少し遅れて到着すると、皆さん既にお揃いだった(ってか歩き初めていた)。
今日のメンバーは、おやじさん、おかんさん、ルネさん、落王さん、単独行さん、法香さん。

■09時40分:十八神社登山口から

初対面である単独行さん、法香さんに挨拶をする、お二人とも初めてお会いするが、暖かく迎えて頂く。こんなステキなネットピープルの輪を持つのはおやじさんの人徳だと関心と感謝(ヨイショっと!)季節はずれな陽気の中、想像よりも整備されたコースを進むと北、都祁(つげ)村方向からのコースと合流する地点で落王さんとタイミングよく合流。彼は榛原連山とか五山七峰とか、よく分からないが(笑)自らネーミングした里山を縦走して来たので、心なしか疲れている表情だ、聞くと『ちょっとスロトレってました』と、だ・か・らーっ!人の名前を動詞にしないでって!

画像


■10時35分:額井岳山頂

あっと言う間に額井岳山頂だ、汗をかく間もなかったな。山頂から南方向は残念ながら薄曇、かすんでて良く見えない、800メートル級の里山にしては、そこは奈良!きっと晴れていると素晴らしい展望だろう。北方向は落王さんが縦走して来た五山七峰(よく分からないが)の残り紅葉が美しく、しばし見とれる。
そろそろ次の山か?と思いきや、おやじさんの例のアテにならない山座同定、ルネさんの昔話(なんだ?)おかんさんのジモティーしか理解できないネタなど、延々と会話が収まらない。
うーんん、いつ腰を上げるのだろう?不安に思い出したころ、『じゃー用意しましょうか』はい?こっ、ここで鍋?もう?まだ1時間しか歩いてないのに?そうか、そうなんだ、今日は、そーゆー日だったんだ。そこから延々3時間もの大宴会が・・・

画像


■13時25分

3時間もの宴会が終わり、飲みすぎ、食べすぎ、笑い過ぎでフラフラのチーム・オヤジは次の山、戒場山へ向かう

画像

画像


少し登ると、そこからはダラダラと下り続ける、たいした展望もなく(ってか展望はナシ)下りきると戒長寺への分岐がある

画像

画像


スレンダーな体に重い食材を一手に引き受けてボッカされた法香さん は、ワインの効きもあってか少しつらそう・・・大きな体でずんずん歩かれる単独行さんもビールが汗となってびっしょり、なので、このまま戒長寺へ下ろうか?との案も出たが、郷土愛に深いおやじさん、単に山好きなルネさんの勧めもあって、どうせならあと少しなので、登りきりましょう!となった。分岐からの少しキツイ登り中にルネさんがポツリ
『でも、なーんにもないねんな、山頂には・・・』
はい?『え?展望とかは?』 『そんなぁー植林の中で薄暗いところやもん』 ガクッ!

画像

画像


■14時25分:戒場山

画像


ほ、ほ、本当に、見事に、なーんにも無かった。うーんん満足感も薄いなぁ・・・ところが、サービス精神旺盛なメンバーは楽しませてくれる

画像
画像


うーんん、さすが、チーム・オヤジのメンバーだ、サービス精神なのか、単に酔っ払ってるだけなのか・・・どうでもいいが、ルネさんてこんなキャラだったか?画像で見る限り一番嬉しそうだぞ!

■14時55分:戒長寺

大きな大きなイチョウが見えたら戒長寺だ。100段ほどの石段を上がると、重要文化財である鐘楼が迎えてくれる

画像

画像

画像


ご神木はほうの木で樹齢、約500年、幹周り6.5m、 樹高15.5mとのこと、非常に重厚で存在感も大きいのだが、私はそれよりも鐘楼の横に立つ『お葉付イチョウ』に目を奪われた

画像


樹齢は600年以上、樹高はなんと30mを越えるとのこと!大きな大きなイチョウから、はらはらと舞い散る葉が美しく、境内はこんなカンジだが・・・

画像


なんと、翌日にはこんな素晴らしい光景が!★おやじさんが翌日撮影された作品を無断で拝借してます(すみません)

画像


親切丁寧(過ぎる)なご住職夫妻から、お葉付きの説明を受け、まったりと過ごして寺を後にする

画像


東海道自然歩道をとぼとぼ歩く、いいなぁ日本の原風景だ

画像

画像


のどかな里山で、歴史ある古寺を堪能した後は登山口まで、これまたのどかな風景の中を歩く。あぁたまには、こんな里山もいいなぁ。
のどかな里山を、高笑いで騒々しくさせてしまうほど楽しい山行き、企画されたおやじさん、盛り上げて頂いたみなさん、ありがとうでした。

                          ■□■□■□■□■□■□■□■□

さて、ここからは、食事中の極めてプライヴェートな参加者しか理解できない話題&画像だ。おかんさん@ヨメ、ルネさん@姑の構図が最近ネタとして盛り上がってるチームオヤジの宴会なので、食事中はすべての会話がヨメVS姑となってしまい、ご馳走も咽を通らない爆笑宴会となった、以下その一場面。

ルネ姑=ルネさん
ヒロコさん(仮名)=おかんさん

■第一章:『小ちゃいご主人』編(実話)

画像


おやじ:『そう言えば、この前お会いしたご主人、思ったより小柄な方でしたね、もっとガッチリ系か思うてましたけど』
おかん:『そうそう、小さかったですねぇネットではそんなことないのに、ちぃこい、ご主人でしたわん!』
ルネ姑:『・・・そう?・・・』
おやじ:『(話題を変えるように)ワンゲルとかされてたんですか、ご主人も?』
ルネ姑:『いや、そっちの方は全然で、主人はバスケットやってたんですよ』
おかん:『あ、バスケね、あれて以外と小さくっても出来るんですよね~いますもんね、小さい選手♪』
スロトレ:『だからーっ、ヒトのご主人捉まえて、小さい小さいて言わなくてよろしいって!!!!』
      注)ルネさんのご主人は決して小さくありません

■弟二章:『出来合い』編(もちろん実話)

画像


おかん:『単独行さん、チジミて用意たいへんやったでしょー』
単独行:『いやー、最近便利なものあるし、簡単ですよー、この粉使うだけなんですよ』
おかん:『あぁ出来合いもんですか(ふーん)そうですかぁ~でも出来合いもんでも美味しいもん、ありますもんね』
ルネ姑:『あら、ヒロコさん、そのチジミ美味しそうねー』
おかん:『お母様、それが出来合いもんですのよ、でも出来合いもんやのに美味しそうでしょ』
スロトレ:『だ・か・らっ、ヒトの料理に出来合いもん出来合いもん、て言わなくてよろしいって!!!!』

■弟三章:『お稲荷さん』編(やっぱり実話)

画像


スロトレ:『おかんさん、これ皆さんで頂いてください、手ブラじゃアレなんで・・・』
おかん:『まぁー、鬼ヨメさん作らはったん?美味しそう!』
スロトレ:『いえいえ、買ってきたんですよー』
法香さん:『あらぁ、美味しそう!細長いのねー、手作り?』
スロトレ:『いや、だから買ってきたんですぅ』
おかん:『お母様、スロトレさんから、頂きましたわん!お稲荷さん』
ルネ姑:『まぁまぁたくさん、スロトレさんが作ったん?』
スロトレ:『だっ・かっ・らっ!買・っ・て・き・た、て言うてますやんかぁぁぁぁぁぁl!!!!!!』

■弟四章:『チーズケーキ』編(ほぼ実話?)

画像


おかん:『お母様、スロトレさんからチーズケーキ頂きましたわん!』
ルネ姑:『まぁヒロコさん!さっそく皆さんにお分けなさいな』
おかん:『それがお母様、上げ底みたいで、思ったよりも少ないのですわん』
ルネ姑:『ヒロコさん!なんてはしたない!ちゃーんと10個あるでしょ?私にみっつ、皆さんには1個ずつお分けなさい』
おかん:『お母様ぁぁぁぁぁ』

■最終章:『手づくりパイ』編(不明)

画像


ルネ姑:『皆さんのお口に合うかどうか。こんなん作ってきましたのよぉ~っほっほ♪』
おかん:『まぁ、お母様もこんなハ・イ・カ・ラ、な料理出来るんですかぁ?』
一同:『・・・しぃ~ん』
ルネ姑:『ヒロコさん、今度ゆっくり教えてあげますからね、あなたの得意なお弁当にお入れなさい・・・(メラメラメラぁ~)』

かくしてヨメVS姑戦争は続くのであった・・・
って我ながらくだらないなぁ、ルネさん、おかんさん、遊ばせて頂きました(笑)、あ、怒らないで下さいね!ジョークですよー、これからも楽しませて下さいね。

この記事へのコメント

hanasaku
2007年11月21日 20:43
2年前の春、十八神社の側に車を止め同じルートを歩いているんですが思い出せません。僅かな記憶は「ほうの木」と「山部赤人の墓」ぐらいで、ほんと印象に残らない山でした。山頂の印象はイマイチでも、五章からなるドキュメンタリー?を仕立てるスロトレさんには感心しきりです。
blueeyedsoul
2007年11月21日 20:59
まいどです!
ホント楽しそうですねー。
戒場山でのポーズがまたいいじゃないですか。
やっぱこれぐらいはじけてくれないと。(笑)
5章の小ネタは吉本新喜劇より笑えました。
落王
2007年11月21日 22:36
さすがスロトレさん、嫁vs姑のドラマ、素晴らしいです。
「五山七峰」・・・解説しましょうか?(笑)
ルネオバ
2007年11月21日 22:43
あんね~
ようそれだけ遊んでくれましたねぇ~~
次、山をご一緒する時に、ちょっとオハナシがありますので・・
覚悟しーやーーーー(#`皿´)ムキー!
たかっさん
2007年11月21日 22:52
メチャクチャ楽しそうですやん!
ご婦人方のよいよいポーズで解ります。
里山であろうが、アルプスだろうが、そんなの関係ネェ!
楽しいのが一番一番!
山友いっぱいのスロトレさんが、羨ましいですよ!
出来合いの「単独行」です
2007年11月21日 23:11
そう言われれば、ぜ~~~んぶ本当(99%)だなぁ!
すぎっちょん
2007年11月22日 00:03
法香さんのブログの額井岳の記事にスロトレさんの名前が出ていたのでヒョットして同一人物かと思っていたら ヤッパリでした。 山よりも宴会の方が目立ってますね!
スロトレ
2007年11月22日 09:52
>Hanasakuさん

>山頂の印象はイマイチでも、五章からなるドキュメンタリー?を仕立て
>るスロトレさんには感心しきりです

確かに印象に残る山ではないですね
きっと春の新緑、紅葉の真っ只中とかだったら
周囲の里山風景も美しいんだろうな、とは思いますが
ドキュメンタリーは、これまた過剰評価ですね(汗
楽しんで頂ければ嬉しいです
スロトレ
2007年11月22日 09:54
>blueeyedsoulさん

まいどです
はい、めっちゃ楽しかったです
>やっぱこれぐらいはじけてくれないと。(笑)
ですねー、オヤジ二人の踊りよりも華やかで
って、すみません(笑

>5章の小ネタは吉本新喜劇より笑えました。
またまた、そんな持ち上げて!
こんなのシリーズ化する気はありませんので
これにて最終回ですよー

スロトレ
2007年11月22日 09:56
>落王さん

>さすがスロトレさん、嫁vs姑のドラマ、素晴らしいです。
何を仰る!落さんの名作『とんちんかん』に比べたら
駄作もエエとこです、ってか死ぬほど笑いましたよ

>「五山七峰」・・・解説しましょうか?(笑)
うーん、また来年にでも
スロトレ
2007年11月22日 09:58
>ルネさん

>あんね~
>ようそれだけ遊んでくれましたねぇ~~
はいはい、ブログ書いてても楽しかったです(笑

>覚悟しーやーーーー(#`皿´)ムキー!
あ、次回は、小判を四つご用意致しますので
なにとぞご勘弁を
ところで、ミカンパイ本当に美味しかったですよ
スロトレ
2007年11月22日 10:00
>たかっさん

>山友いっぱいのスロトレさんが、羨ましいですよ!
いえいえ、ただおやじさんの持つ輪の中に
図々しく参加させて頂いただけです
なんだか、旧来の山友みたいに振舞ってますが(笑
スロトレ
2007年11月22日 10:01
>単独行さん

ようこそです!
出来合いのん、美味しかったですよー
って、もうエエっちゅうねんて(すみません!)

>そう言われれば、ぜ~~~んぶ本当(99%)だなぁ!

うーんん、95%くらいでしょうか(笑
懲りずに今後ともよろしくお願いしますね
スロトレ
2007年11月22日 10:04
>すぎっちょんさん

>法香さんのブログの額井岳の記事にスロトレさんの
>名前が出ていたのでヒョットして同一人物かと思っていたら

あら、法香さんのブログ訪問されてるんですね
なんと、これまた偶然な!
ま、この名前は他にいないでしょうね

>山よりも宴会の方が目立ってますね!
はいはい、はっきり言って山は関係ない記録となりました(笑
たまには、いいかって思ってます
法香@紀香ちゃうで
2007年11月22日 19:40
いや~、スロトレさんのレポでも散々笑わせてもらいました。
皆さん、どれも甲乙つけがたいほど面白かったですわ。

そうそう、「上げ底」の下にもぎっしりチーズケーキが入っていたこと
釈明しとかなくては(笑)
おかん
2007年11月22日 20:10
面白かったですけど・・・
スロトレさんも落王さんもよう遊んでくれはるわぁ
でもほんまにあんな失礼な事言ってましたかぁ!?

それも初対面の方々・・・に
おやじはハラハラしていたかもしれませんねぇ(^^;)

つぎは大人しい嫁を演じます

でも 楽しかったで~す(~~)
スロトレ
2007年11月22日 21:51
>法香さん

楽しんで頂けましたか?

>そうそう、「上げ底」の下にもぎっしりチーズケーキが入っていたこと
>釈明しとかなくては(笑)

あぁどうもありがとうございます!
そう、数はどうでもいいのですが
あれって、けっこう重かったりするのです(汗


スロトレ
2007年11月22日 21:54
>おかんさん

>スロトレさんも落王さんもよう遊んでくれはるわぁ
いやーっ、歩いて楽しい!下山後も楽しい!
おかんさんは二度美味しい(笑

>でもほんまにあんな失礼な事言ってましたかぁ!?
いえいえ、ぜんぜん失礼に聞こえないから
ネタに出来るんですよー
そこはホレ、おかんさんの人徳ですって
これからも楽しませて下さいね!
おやじ
2007年11月23日 14:57
ほとんど実話でしたね
間に挟まれた私は、冷や汗モンでした

どちらの肩を持つ訳にもいかず、大変気を遣いました
次回からは、嫁姑だけで行ってもらおうかと思っています

dahan
2007年11月24日 03:00
おもろい、おもろすぎるーw
僕はたいていソロなので、ちょっと引、いえウラヤマしいです^^

スロトレ
2007年11月24日 16:58
>おやじさん

>どちらの肩を持つ訳にもいかず、大変気を遣いました

うーんんん、あっちを立てればこっちが立たず、難しいところですなぁ
なんて書くとほんまもんの親子みたいじゃないですか(笑

>次回からは、嫁姑だけで行ってもらおうかと思っています

会話が成立するのだろうか・・・ちょっと想像すると笑けて
きますねー!
スロトレ
2007年11月24日 17:00
>dahanさん

>おもろい、おもろすぎるーw

ウケて頂いて嬉しいです
そろそろ冬の大峰シーズン!レポ楽しみにしてますよー!

この記事へのトラックバック